Movie
Hot-Air Balloon
in Cappadocia (Movie)

空中散歩(トルコ旅行 2014 夏

Walking on Air in Middle East and Turkey

森谷 東平  Tohei Moritani

航空写真2

トルコ旅行

HOME

無料カウンター

航空写真  

古代遺跡と美しい自然を訪ねる目的でトルコ旅行をした。

フライトは、成田 からドーハ経由でイスタンブールに行く乗り換え便である。ドーハからイスタンブールまでの4時間半、窓から次々見える土地はは中東の中心部で、日々のニュースで見たり歴史や地理で学んだりしたところである。席に備え付けのビデオ上のフライト記録で位置を確認しながら写真撮影をし、帰宅してからグーグルアースなどで場所の比定を行った。
トルコで空中散歩する前に思いがけず味わったすばらしい空中散歩であった。
旅行後、8月に入ってからイラク北部とシリア西部に割拠する反政府軍(イスラム国、IS)が各地で攻撃を進めるというニュースが続いており、現在地球上で最も危険な地帯を飛行、撮影したことを知った。

Map

 

A ドーハのダウンタウン (カタール) Doha in State of Qatar

カタールは人口200万人のミニ国家であるがオイルマネーで潤う国。次回ワールドカップの主催国になるなど元気がある。航空業にも力をいれているのか、こうして我々に最高のサービスで格安の旅を提供している。
1-1

 

A マナーマ (バーレーン)Manama in Kingdom of Bahrain

カタールの北西にある島国。人口120万人の王国でやはり石油国家。石油施設が見える。1-4


B クウェートシティ (クウェート)Kuwait City in Sate of Kuwait

2つの半島が見える。右側がクウェート市の中心部である。幅広い高速道路がきれいに整備されているのがわかる。遠方が褐色に煙っているのは砂漠の砂の影響なのだろうか。1-5

 

C ナーシリーヤ (イラク) An Nasilryah in Republic of Iraq イラク南部

チグリス、ユーフラテス両河川の合流点に近い。褐色の大地の中にある農業地帯を見ることができる。1-6

 

D バグダッド (イラク) Baghdad (Iraq)

チグリス川が大きく蛇行するこのあたりがバグダッドの中心である。イラク戦争のときに新聞記事でなじんだ川の形だ。市域の人口は900万人。大都会である。今またイスラム教スンニ派の過激組織による兵火のニュースがあることを思う。
川に挟まれ半島のような形をしている先端付近にはバグダッド大学など高等教育機関がある。
bagdad

 

D バグダッド北部 (イラク) Northern Baghdad

バグダッドの北部およそ30kmのところで、チグリス川に沿って緑が広がり豊かな耕作地帯となっていることがわかる。古代、ここに栄えた文明を思う。
中央の広い敷地はCamp Taji。 滑走路を含む軍事施設で、元は化学兵器などを製造していたといわれる。川の手前の広い褐色部分は住宅団地か。
NorthBagdad

 

D-E サーマッラー イラク北部 Samara (Northern Iraq)

チグリス川が作る扇状地のように見える。バグダッド北およそ100kmの都市サーマッラーはイスラム王朝の首都にもなったところで世界遺産である。2006年、サーマッラーにあるシーア派の聖地アスカリ廟が爆破される事件が契機になって、イラクの内乱が再燃した。最近もスンニ派反政府軍(イスラム国)による攻撃についてのニュースがあった。左下に緑に囲まれた広い褐色の部分はBalad統合基地。旅行後の8月末、反政府軍がこの基地を攻撃したとのニュースがあった。

samara

 

D-E ファター (イラク北部) Al Fathah (Northern Iraq)

サーマッラーの北。チグリス川が山脈を横切る地点である。地上戦が起こるとこのあたりが天王山になるのではないか、と想像する。川の向こう側で8角形のような敷地が見えるところがCamp Baiji軍事基地である。
この写真を撮影しておよそ1ヶ月後の8月中旬、過激派の「イスラム国」(ISIS)が多数の住民を殺害するという事件があり、ISISに対する米軍の空爆がされた。その場所はこの写真の場所から上方(北西)にあたるシンジャール山。眼下の山に似たところであると思われる。
AlFathah

 

E イラク-シリア-トルコ国境付近

クルディスタンと呼ばれる地域である。右手はチグリス川の上流にあたり、耕作地が広がる。中央の険しい山脈の左側の褐色の地域にも耕地が見られる。飛行機はシリア国境ぎりぎりに飛行している。グーグルアースで見ると眼下はシリア領内であるようだ。この旅行の後、兵火のウクライナ東部でマレーシアの民間機が撃墜されるという悲惨な事件があった。兵火のシリア、北イラク近くを無事通過できたのは幸いであった。Barder1

 

E シズレ イラク-シリア-トルコ国境付近 Cizre in Turkey (near Iraq-Syria-Turkey Border)

左に見える町がシズレ。トルコの最も東南にあり、左手上方はシリアとなる国境の町。古代以来、北メソポタミア(左手)とアルメニア(右手)を結ぶ街道の町として栄えた。人口は12万人でクルド人、アッシリア人、シリア人などトルコの少数民族からなる。Cizre

 

E イラク-シリア-トルコ国境付近

眼下の地形は次々変化をして飽きることが無い。ここではチグリス川がグランドキャニオンのような深い渓谷を作っている。左に町が見え周囲に耕作地が広がっている。トルコのGuclukonakあたりと思われる。Boader
 
く(クリック)